救急隊の指示で子供を一人で救急車に乗せ、私は後から車で病院に向かったら、医者に「なんで救急車に乗らなかったの?」と言われた。

728:  (火)22:14:24 ID:ZfL

こどもがかかりつけの病院から、総合病院まで搬送された。

喘息の発作で常に酸素が必要だったから。

私も子も、初めて乗る救急車。

2人してドキドキしながら乗って、あれこれ聞かれたことに答えたら、

一人の方に車は?と聞かれ、ここに置いていきますと答えたら、

お母さん大変だから、病院に確認とるから、OKでたら後から車できたらいいよ。

といわれ、お言葉にあまえて子に申し訳ないが後から車でむかった。

で今日、退院後の予防治療を相談しに行くと、

「なんで救急車にのらなかったの?」と聞かれ、

正直に上記のやりとりを言ったら、

「ありえない」と。

私がうそをついているかのように。

はじめてだったし、病院にも確認とってもらってのOKだったので、大丈夫だと思って車でむかったと何回か説明。

かかりつけ医は「どの隊員かきいてみる」とむっすり。

なんでも、「おかあさんが来ていない。紹介状等ももらっていない、どういうことか?」とかかりつけ病院に連絡がいき、

FAXで同じ紹介状を送ったりしたそう。

紹介状うんぬんは隊員からは言われず、その書類も隊員に渡したのか、私が持っていったのかは失念。

アレルギー検査をしてもらおうとしたのに、今日はしなくていいと拒否られ、

1カ月分の薬をもらって帰らされた。

周辺にきいて、評判のいい病院だったのに。。。

わりきって行くしかないんかな。

周辺の小児科、ヤブばかりなんだけどな。

731: ↓↓ (火)22:52:09 ID:2EC

​>>728ちょっと状況がよく分からないな、

救急車の後をついていったんじゃなくて、

お子さんが搬送先で処置し終わってから(ないしはその最中に)OKの連絡を貰って、それから向かったってこと?

通常は病院間の移送の場合は一般の119通報の時(隊員が搬送先を探す)とは違って、

移送元から移送先へ具体的な症状を含めて先に連絡してあるはず

そうじゃないと受け入れ可能かどうかの判断もできないからね

その後正式な紹介状も貴女か救急隊員に必ず預けるし、それをもし怠っていたらとしたら、かかりつけ医がおかしい

レスからだと断片的にしか分からないからアレだし結果論だけど、

救急車に乗らなかったのは軽率だったんじゃないかな?

少し手間でも、子供に付いていてあげるのが親だと思うんだけど

かかりつけ→救急車→総合病院のどの時点で手違いがあったのかは当事者以外には知る由もないけど、

そのかかりつけ医からしたら、我が子の搬送に立ち会わない親と見られたのかもしれないし、

逆にそれをしなくていいと言った隊員に対して「ありえない」と言ったのかもしれない

それから、余程のヤボやモラハラ医でもない限り、

私念だけで検査を拒否することは無いよ

単に病状を見て今は必要ないか、しないほうが良いと判断したんじゃない?

ちょっと貴女も興奮というか感情が先走ってる感じがするから、

落ち着いて当時のことを思い出してみて

その上でまだかかりつけ医がおかしいと思うなら面倒でも他の小児科を探すしかないね

長文レス失礼

732: ↓↓ (火)23:12:44 ID:ZfL

​>>731レスありがとう。

そうだな。ちょっと興奮というか、いらだっているかも。

「うそつくな。しんじられん」的な顔をその場で看護士さん含め何人にもされたから・・・

OKを出したのは、たぶん総合病院(受け入れ先)の方。

総合病院に受け入れを聞いたのはかかりつけ医。

かかりつけ医から、酸素濃度が低い子(私子)がいるから、受け入れ可能か聞いてもらって、

受け入れ可能の連絡がきて、救急車到着。

かかりつけ医では、車は駐車場に置いておいてもいいから、救急車に一緒に乗ってくださいと言われたんだ。

私も、自分の子が心配だし、救急搬送なんて自分もしたことないから、

もう従いますとしかなくて、ついていく気でいたんだよ。

んで、救急隊が到着して、救急車に運ばれて、病院の前で救急車に乗りこんで、

そこで今までの経緯等を救急隊の方に話したの。

一通り話して、突然「ここまでどうやって来たの?」と聞かれ、

「車です」と答えて、「どうやって帰るの?」と聞かれた。

なんとかして、帰りますよ?と答えると、

「お母さん、大変だから・・・」のセリフへ。

で、その救急隊の方が、受け入れ先の病院に連絡をとって、

大丈夫ってことだから、車で向かってもいいよと言われたの。

そんなものなのか???と思いながら、ではすぐ行きますと伝えて車に乗ったんだけど、

引用元:http://kazokuchannel.doorblog.jp/archives/58548314.html,記事の削除・修正依頼などのご相談は、下記のメールアドレスまでお気軽にお問い合わせください。[email protected]

内容が終わっていません。次のページをクリックして引き続き閲覧してください。
コメント