スマートフォンの劣化を進めてしまう7つのやってはいけないこととは…

誰もが使用しているスマートフォン。

当たり前にスマートフォンにしている行動が、実は劣化を速めているかもしれません。

その驚くべき内容がこちら。

スマートホンにやってはいけない7つの行動

皆さんが毎日使用しているスマートフォン。

実は知らず知らずのうちに、劣化させるようなことを良かれと思ってスマートフォンにしている可能性があります。

今回はそんな 「スマートフォンの劣化を進めてしまう7つのやってはいけないこと」をご紹介したいと思います。

7つめなんかはきっとビックリしてしまうと思いますよ…。

1・充電アプリ

とっても役立つ、バッテリーのパフォーマンスを記録できる無料アプリ。

しかし、スマートフォンのメーカーで推奨されていないアプリは使わないで方が良いと言われております。

バッテリーに余計に負担をかけてしまうことも多く、何より必要のない広告までダウンロードしてしまう可能性が。

2・充電しながらの使用

充電しながら電話したり、メールチェックをしている人は多いと思います。

しかし充電中にスマートフォンを使用すると本体が高温になり、バッテリーに重い負荷がかかってしまいます。

たまにスマホが熱くなってしまうことがありますよね?あれは負担がかかっているので注意です。

3・知名度の低いメーカーの安い充電

汎用充電器はメーカー品よりも安くなっています。

その理由はバッテリーが満タンになった時、充電を遮る充電回路が入っていないからです。

いつも過充電状態だとスマートフォンを痛めることになります。

4・急速充電器

急速充電器を使っている時、実はバッテリーが常に高電圧に晒されている状態です。

これは時にオーバーヒートを引き起こし、バッテリーとスマートフォンがダメージを受けることがあります。

なるべく使わないようにしましょう。

5・一晩中スマホを充電器につけっぱなし

最新のスマートフォンとセットになっている充電器は、

ほとんどがバッテリー満タン時に電流を遮断する回路が入っています。

持っている充電器にこの回路があるか不明の場合、一晩中充電器につけておくのは止めましょう。

6・常に充電をする

常に充電をしてしまう方は要注意です。

バッテリーの量が20%程度になってから充電するようにしましょう。

常に充電をし続けていると、スマートフォンの寿命が縮まっていきます。

しかし、バッテリー量が0%までいくと、スマートフォンの寿命を縮めてしまうのでこれも気を付けたいところです。

7・スマホケース

充電する際はケースを外したほうがいいということをご存知でしたか??

充電中にバッテリーの温度が上がるため、ケースがそのままだと内部に熱がこもり、

本体の高温化を引き起こす原因となります。

いかがでしたでしょうか?

これらのことを守るだけで、スマホの劣化を送れさせ、何年も使い続けることができるそうです。

是非やってみてください。

引用元:https://media-groove.com/smartphone/,記事の削除・修正依頼などのご相談は、下記のメールアドレスまでお気軽にお問い合わせください。[email protected]

コメント