あるとき赤ちゃんを助けた消防士に届いた17年ぶりの手紙に全米が涙

いつも覚えていてくれた 

長年、消防士として活躍し、あらゆる経験をしてきたマイク・ヒューズさん。現在は退職していますが、今でも当時の救助活動をよく思い出すといいます。その中でも、彼がずっと思い続けている出来事があります… 

緊急電話 

ヒューズさんは、消防士としてのキャリアを通じて、たくさんの火災に直面してきましたが、ある日の火災が自分の一生を左右することになるとは思いもしませんでした… 

大火災 

今から10年前、「とある家が燃えている」という通報を受け、彼と同僚はすぐに現場に到着し、いつも通りに行動しました。到着した消防隊員が見たのは、家の半分がすでに焼け落ちていた状態。 

今にも完全に倒壊する危険性のある中で、家の一部はまだ炎に包まれておらず、消防隊員は入り口を探すことにしました。 

消防士の責任

チームは大きな責任を抱え、運命は彼らの手の中にある事を理解していました。火の勢いが増していく中で、素早く考え、行動しなければならならず、一瞬の気のゆるみもミスも許されない状況です。 

ひとつの計画

一刻も早く行動を起こさなければならない状態であったものの、煙が充満し、焼け焦げていたため、入り口を見つけるのは困難。しかし、チームは巧妙に入り口を作り、全員の無事を確認するために中に入ります。 

全員が自分の役割を果たす

チームの一部は炎と戦い、他の部隊は入り口を作ることに成功。ヒューズさんは入り口を作ったチームの一員として役割を全うし、中に入ると作業は急いで行われました。

ヒューズさんは自分の直感に従って、人がいそうな場所を片っ端からチェック、部屋から部屋へと移動していると、突然、炎の中に人の気配を感じます。 

乳母車

アドレナリンが出ているにもかかわらず、なんとか自分を冷静に保ち、何をすべきかを明確に理解していたのです。一歩間違えれば、大変なことになるのは目に見えています。 

部屋の中には、ベビーベッドがあり、覗いて見ると、赤ちゃんがいたのです。この時、彼はこの赤ちゃんが自分の人生に大きな影響を与えることになるとは想像もしていませんでした。 

救助活動 

赤ちゃんはベビーベッドの中で動けず、家の半分はもう燃えている中タイムリミットは刻々と迫っていました。「寝室のベビーベッドの中で赤ちゃんを見つけました」とヒューズさんは無線を繋ぎ、すぐにベビーベッドから赤ちゃんを救出し、安全な場所に連れて行きました。結果的に生後9カ月の赤ちゃんは一命を取り留めています。 

救助成功 

その後、マイクは赤ちゃんをできるだけ早く安全な場所に移し、消火活動を続けます。活動が終わったときには、赤ちゃんがどうなったのかわからず、両親のもとに戻っているだろうと勝手に思っていたといいます

疑問 

ヒューズさんは、その後もあの救助活動について多くの疑問を抱き続けました。というのも、周りで事件のことを思いださせるようなことが定期的に起こっていたのです。しかし、彼は赤ちゃんに何が起こったのかもわからないし、名前も知りません。

眠れない夜 

赤ちゃんのことが気になって、眠れない夜もありました。あの子は今どうしているだろう?男の子だろうか、女の子だろうか。煙を吸いすぎたのだろうか?すべての疑問に答えは出てきません。

定年退職 

ヒューズさんは退職した後も、救助活動のことをずっと考えていました。眠れない夜も続き、ヒューズさんの家族も心配し始めます。本人が悩んでいるのがそれほど明らかだったのです。そして、ついにヒューズさんは調査を決意します。 

自分の使命 

捜索は、消防署の同僚から始まり、誰もがその出来事を覚えていたものの、残念ながら誰も名前を覚えていませんでした。また、他の手がかりもなく、落ち込んでいる気持ちを、元同僚も痛いほど理解できました。どんな消防士にも、忘れられない衝撃的な救助経験があるのです。 

最初の出発点 

そしてある日突然、手掛かりを得ます。ヒューズさんは、母親に相談を持ちかけ、母は悩める息子をできる限り助けたいと考え、ヒューズさんは母に悩み吐き出すことで、赤ちゃんのことをますます考えるようになったと語っています。そこで母親に、どうすれば手がかりを得られるか心当たりがあるかどうかアドバイスを求めたのです。 

引用元:https://www.tipsandtricksjapan.com/%e3%83%9b%e3%83%bc%e3%83%a0%ef%bc%86%e3%82%ac%e3%83%bc%e3%83%87%e3%83%b3/fireman-baby-rescue/30/,記事の削除・修正依頼などのご相談は、下記のメールアドレスまでお気軽にお問い合わせください。[email protected]

内容が終わっていません。次のページをクリックして引き続き閲覧してください。
コメント