“次元声優”小林清志、ラスト出演。最後に思わぬ粋なセリフが用意されていた…

アニメ『ルパン三世』の次元大介役を放送開始から50年間務めてきた声優・小林清志(88)が、9日深夜(0:55~)から放送された『ルパン三世 PART6』の初回「EPISODE 0 -時代-」をもって、最後の出演となりました。

小林清志さんが最後に演じる作品としてファンらは大きく期待を寄せていたが、それを上回る演出が用意され見終わるころには「涙が…」と言った声が多く寄せられていました。

次元役声優 ラスト出演が反響

実際のセリフがコチラ…

「とうとう潮時かもしれねぇな。」「なんだか相棒との人生を振り返っちまったよ。」と実際の小林さんと重ね合わせるセリフに切なさを感じます。

対する世間の声

小林清志さん、今夜はひときわ最高の次元でした。 長い間、本当にありがとうございました!! 小林次元はいつ迄も自分の心の中で生きています。 次元大介の最終回を見ている様な錯覚に陥りました。

「小林次元、最高!!」と思った方は是非「いいね!」を押して行ってください。

小林清志さん、50年間本当にお疲れ様でした。

引用元:https://buzzbuzz-net.com/jigen-kobayashi-last/,記事の削除・修正依頼などのご相談は、下記のメールアドレスまでお気軽にお問い合わせください。[email protected]

コメント