櫻井&相葉ダブル結婚で『嵐』解散へ!

ジャニーズ事務所の看板グループ『嵐』の櫻井翔と相葉雅紀が9月28日、そろって結婚を発表した。

櫻井のお相手は、昨年1月にベトナムへの〝婚前旅行〟が報じられていた慶應義塾大学時代の同級生。関西のテレビ局の宣伝部に勤務していたが、2019年秋に退社していた美女と思われる。

一方、相葉のお相手も一般人と思われる。詳しい素性などは伏せられているが、17年に同世代の女性との交際を報じられ、その時点で「交際期間は5年」とされていたので、10年近く愛を育んできた相手ではないか。

「『嵐』のメンバーとしては、19年11月に二宮和也が元フリーアナウンサーの女性と結婚しているので、今回のダブル結婚発表によって、メンバー5人のうち3人が既婚者となった。かつてのジャニーズでは考えられないことですよ」(芸能記者)

『嵐』の前にジャニーズの看板を背負っていた『SMAP』は、16年の解散時までに結婚していたのはキムタクのみだった。

藤島ジュリー景子社長が甘やかした結果

「そうなったのも、8月に亡くなったメリー喜多川名誉会長が目を光らせて、キムタク以外の結婚を許さなかったからです。しかし、メリーさんの娘で現社長の藤島ジュリー景子氏は、とにかく『嵐』のメンバーたちを甘やかしていますからね。メリーさんが生きていれば、ダブル結婚発表なんて、絶対に許さなかったでしょうね」(同・記者)

『嵐』は今年からグループとしての活動を休止中で、期待された東京五輪関連の仕事でもメンバーの再集結とはならず、結局、稼働したのは櫻井と相葉のみだった。

「どうやら、その〝ご褒美〟が今回のダブル結婚発表のようです。残るメンバーの大野智も、8月に千葉のマザー牧場で新恋人とデートする様子が報じられていますからね。大野も結婚となって、メンバー4人が既婚者になれば、さすがに女性ファンも激減するでしょうから、グループの存続は難しくなるでしょう」(ワイドショースタッフ)

残る松本潤は、女優の井上真央と完全破局したと報じられているが、会員数が300万人ともいわれているファンクラブからの退会者が殺到しそうな勢いだ。

今回のダブル結婚発表は、『嵐』解散が秒読みに入ったことを示唆している。

引用元:https://weekly-jitsuwa.jp/archives/33700,記事の削除・修正依頼などのご相談は、下記のメールアドレスまでお気軽にお問い合わせください。[email protected]

コメント