息子と仲良しの犬が突如真夜中に吠え出す。母親が駆けつけるとそこには言葉を失う事態に

アメリカ・カリフォルニア州グレンダールで暮らすジェダイは、4歳のラブラドール犬です。

心優しいジェダイは家族と大の仲良し。

たくさんの愛を受け生活をしていました。

そんなジェダイは実は特殊な役目を持っています。

それは毎日、7歳のルーク・ナットオールくんの命を見守り続けること。

ジェダイは人間の命を守るという大役を担っていたのです。

いつかの夜のこと。

普段から仲良しの二人は寝る時はずっと一緒。

体を寄せ合い、朝までぐっすり眠るのですがこの日は違いました。

ジェダイは突然起き上がり、驚いた様子で周りを見渡します。

なんとジェダイはすぐに側で眠っているルークくんに危険が迫っていることに気がついたのです。

母親のドリーさんはルークくんたちとは別のベッドで眠っていましたが、そこに飛び乗ってきたジェダイに起こされます。

実はルークくんは1型糖尿病を患っており、体外からインスリンを補う治療が欠かせないため、1日10回ほど血糖値の確認をしなければなりません。

ジェダイに起こされたドリーさんはすぐさまルークくんの血糖値レベルを示すモニターで確認したところ、数値は正常値。

しかし、落ち着かない様子のジェダイが気になったドリーさんは、ルークくんの血糖値レベルを再確認します。

なんと2度目の計測では、ルークくんの血糖値が危険レベルまで下がっていたのです。

ジェダイの嗅覚は、血糖値をモニターする装置よりも素早く異常を感知していたのです。

すぐさまインスリンを注射したルークくんは事なきを得ることに。

ジェダイがなぜルークくんの異常に気がついたかというと、彼は子犬のころから訓練を受けている「糖尿病アラート犬」なのです。

ラブラドール犬の鋭い嗅覚は、人の汗のにおいから血糖値の変化を機械よりも素早く感知することができるため、ジェダイは危険な状態になる前にドリーさんに異常を知らせることができました。

ジェダイはルークくんの血糖値の異常を感知すると様々な合図を出します。

血糖値のが下がり過ぎてしまった時は、前足を降り、下がり過ぎてしまった時は床に頭を伏せます。

また、このドリーの咥えているカラフルなバトンも、ルークくんの異常を伝えるツールなのだそうです。

そうやってジェダイは3年以上、ルークのことを見守り続けてきました。

この大役のご褒美として、たくさんの褒め言葉やお菓子、遊ぶ時間をもらっているそうです。

ドリーさんはルークくんとジェダイのFacebookページを開設。

ルークくんの日常生活を紹介していき、少しでも1型糖尿病に対する理解が深まることを願っているようです。

アメリカではこの1型糖尿病を患っている患者は300万人以上いると言われています。

そのため、ジェダイのようなパートナーと一緒に生活している人も珍しくはありません。

そんなルークくんの命を守るという大役を担っているジェダイ。

いつしかルークくんの病状が良くなり、その危険信号のバトンがただのおもちゃになる日が来ることを願っています。

引用元:https://cadot.jp/impression/24427.html,記事の削除・修正依頼などのご相談は、下記のメールアドレスまでお気軽にお問い合わせください。[email protected]

コメント